アクションフィギュア TOP

アクションフィギュアとは

ウィキペディアで書かれているのは「可動式の関節部を備えたフィギュア全般」だ。最初に書いた「可動式の関節部を備えたフィギュア全般」を基本として、人間の形をしているものもロボットもこの範疇に入る。元々のルーツはG.I.ジョーのようなミリタリーフィギュアだったようだが、現状ではロボットとアニメキャラクターの可動式フィギュアが大半を占めているようだ。

一方、同じフィギュアでもスタチューはその名の示す通り彫像的なフィギュアである。関節可動のようなギミックを備えていない代わりに、その機構の制限を受けないため滑らかな造形を表現できる。スタチューはどちらかというとかなり精巧で、大きなものを表すことが多い。そして値段もかなり高価格帯に設定されている。いわゆる萌えフィギュアもこれに当てはまると言って差し支えないだろう。

話をアクションフィギュアに戻そう。

アクションフィギュアは前述の通り関節を備えているので、多彩なポーズを決めることができる。劇中表現でもオリジナルのポーズでも自由に表現ができる。そこに何かしらのストーリーを生み出せるならばそれはごっこ遊び、すなわちブンドドである。アクションフィギュアで遊ぶことは、ブンドドをすると同義である。

ここではアクションフィギュアの楽しみ方を自分なりに整理して記述していこうと思う。どういう流れになっていくのかは今の所見えていない。何かしら書き綴っていくうちに何かを発見できるかもしれない。

アクションフィギュアの楽しみ方


Last updated: 28 Apr. 2018