HGUC シナンジュ レビュー


シナンジュについて

U.C.0094年。AE(アナハイム・エレクトロニクス)社の貨物船団が襲われ、大量の物資が強奪される事件が発生する。貨物の中には、地球連邦軍による宇宙軍再編計画の一環「UC計画」に組み込まれていた複数の試作モビルスーツが含まれていた。その内の一機は、最新のサイコミュ技術「サイコフレーム」の強度・追従性をテストするため、一般パイロットの操縦では計測不能な限界数値を取得するべく、機械上での試験を主とした「極めて端的」な機体であった。ファンネル等のサイコミュ遠隔操作兵器は一切設定されておらず、標準範囲に対応した最低限の武装に止められていたことも加え、戦闘兵器としてはバランスの悪いモビルスーツと言えたが、その評価は常人による皮相的な見方でしか無かった。———犯行はネオ・ジオン残党軍の手によるものと断定されたが、連邦政府を震撼せしめたのはその首謀者の存在であった。「フル・フロンタル」と名乗る男の登場は、後に「袖付き」と仇名される新たなネオ・ジオン残党軍の蜂起を十分に予感させる熱気を孕んでいたのである。非現実的な性能を掌握するためには、同様に非現実的な技能を持った搭乗者が必要となる。強奪された「極めて端的」な機体は、「シャアの再来」と噂された彼の新たな乗機として、かくあるべき姿へと変貌していった。背面と脚部側面にセットアップされた大型のフレキシブル・スラスターは、機体追従性を向上させるサイコフレームの利点を追求した本機に対する澱みない答えとして、その存在意義を誇らしげに主張する。この機構を初めとして、全身に配されたスラスター群を使いこなすフロンタルが生み出した機動と、真紅に塗り替えられたカラーリングを纏った雄々しい姿は、噂を真実に変える力を十分に示した。フル・フロンタルを「赤い彗星」として認めざるを得ない説得力を与えたモビルスーツ、それが《シナンジュ》なのである。

SPEC:
形式番号:MSN-06S
全高:22.6m
本体重量:25.2t
ジェネレーター出力:3,240kw
装甲材質:ガンダリウム合金
武装:60mmバルカン砲、ビームライフル、ビーム・サーベル、ビーム・アックス、グレネード・ランチャー、シールド
(組立説明書 機体解説より抜粋)


組立説明書の機体解説に詩的な表現が多いのは、原作者の福井晴敏の表現方法から来てるのだろうか。
シナンジュはネオ・ジオン側の首魁であるフル・フロンタルが登場する最も高性能機なわけであるから、それなりのビジュアルも要求される。最初に見たときはフェイスがカブトムシっぽい印象で新鮮だと感じた。ダンバインと少しイメージが重なるかな。羽が生えたようなシルエットと全身のエングレービングがなかなか優雅な見た目となっている。
一方で、武装はモビルスーツでは標準的なビーム・ライフル、シールド、ビーム・サーベル等でありながらかなり大型のものを使用しており、それが凶暴さをイメージさせていてミスマッチのようでちゃんとマッチしている組み合わせだ。 ネオ・ジオンの首魁といえばシャアであり、シャアの乗機であるサザビーはジオン系ではもっとも優美な機体であることは間違いないが、それとは少し趣を異にした次代を継ぐにふさわしい機体がシナンジュだと言えるだろう。

結構足が長い。ユニコーンよりもひと回り大きく、武装類も全体的に大きいのでかなり迫力がある。


Last updated: 21 Mar. 2018