積みプラ戦記

HGUC ローゼンズール(エピソード7 Ver)

ローゼンズールについて

《ローゼン・ズール》はかつてアクシズのネオ・ジオンで運用されたAMX-103《ハンマ・ハンマ》のコンセプトを昇華させ、AMS-129《ギラ・ズール》をベースに開発した試作モビルスーツである。本機は当初からMSN-06S《シナンジュ》の予備パーツを流用することが設計段階で決定しており、コックピット・ブロック周辺に組み込まれたサイコフレームもそのまま採用されている。いわゆるサイコミュ搭載機ではあるが、本機は非ニュータイプの一般兵が登場することを前提とし、準サイコミュ装置も組み込んだサイコミュ技術のハイブリッド・タイプとして完成した。未だその全容が解明されていないサイコフレームにはニュータイプが発する感応波の送受信のみならず、一般人の微弱な脳波でも感知できる機能があり、その特性を機体制御の向上という点に特化させ、攻撃面ではOSによる機械的な補助・再現が主となる準サイコミュ装置装置により、遠隔操作式の兵装運用をはじめとした総合的な火器管制を担当するのである。このように一般兵士が扱え、かつ単体戦闘力が高いサイコミュ搭載モビルスーツとは、まさしく《ハンマ・ハンマ》が当初の目的としながらも叶えきれなかった運用思想であり、現在の技術力でそれを成し遂げた本機は系列上《ギラ・ズール》系のバリエーション機体という位置づけながら、その異質な外見を含めて《ハンマ・ハンマ》の後継機体と表現してもなんら差し支えはないだろう。そして、《ローゼン・ズール》はそれだけではなかった。背部コンテナに搭載された新開発の「サイコ・ジャマー」は、展開した領域の中で一切のサイコミュ機能を妨害する特殊デバイスであり、この装備こそが『袖付き』と呼ばれるネオ・ジオン残党軍にとって様々な意味を含んだ新型モビルスーツ、RX-0《ユニコーンガンダム》に対抗する為の「切り札」として機能するのである。

形式番号:YAMS-132
全高:22.5m
本体重量:29.6t
ジェネレーター出力:4,950kw
装甲材質:チタン合金セラミック複合材+一部ガンダリウム合金
武装:インコム、3連装メガ粒子砲、サイコ・ジャマー、メガ粒子砲、Iフィールド・ジェネレーター、有線式シールド・ユニット
(組立説明書 機体解説より抜粋)


ローゼン・ズールが損傷部分を改修して再登場したバージョン。 劇中の機体の話としては、ネェル・アーガマからの撤収時に自ら切断した右腕にシールドユニットを直付けした状態となっている。
ノーマルのHGUCローゼン・ズールとの外見の差異はこれくらいのものだが、プラモとしてみた場合はもう一つ大きな変化がある。HGUCローゼン・ズールでは大いに批判されていたランナーの成型色が変更され、アニメの設定色に近い色に修正されている。僕はそこまでアニメとの色の差を気にしていなかったが、そこを重視するパチ組み派はようやく溜飲を下げたのではないだろうか。

内容としてはHGUCローゼン・ズールとの差異は右腕くらいなので、2機目の同じプラモを組んでいる気分だった。ただのパチ組みの割りに変に時間がかかるのはやはりエングレービングのシール貼りの影響が大きい。シールの精度もなかなかでパーツの位置とぴったりと合うので作業をしていて気持ちがいい。が、所詮はシールなのでリアルに仕上げたいならば、ここは塗装の方がいいだろう。僕は塗装に移行する前のイメージを知りたかったので、シールは貼っておくことにしている。


よくもまあここまでと言えるほど醜悪なデザインであり、いかにもな中ボス役の位置にいるローゼン・ズールな訳だが、足がスラリとしている点と巨大な肩アーマーとの対比で小顔に見えるところが少し優雅に見えてしまうのが不思議なところだ。

いかにも過ぎるデザインはとても好きになれるものじゃないが、ここで勝手な自論を一つ。
バラをイメージした意匠はパイロットのアンジェロの趣味なのだろうが、中身は特殊作戦機と言ってよいかなり硬派な仕様と言える。ユニコーンガンダムと対決することを第一にしているからだ。そういう意味では、アンジェロはフル・フロンタルに従っているただの忠犬ではない。自分の役割を理解し、忠実に実行する大したプロ根性の持ち主ではないか。ホモ・ズールという不名誉なあだ名だけで片付けるのは忍びないと思った次第だ。

Last updated: 18 Sep. 2016