HGUC ジムⅡ(デザートカラーVer) レビュー


ジムⅡについて

ジムⅡ(ツー)は、一年戦争終結後、U.C.0080年代の後半以降にRGM-79の後継機として配備された機体である。戦時下で生産された"ジム系"の機体は、設計や規格の乱立のため継続運用にも支障をきたしていた。そこで戦後しばらくは、補充や更新に対応すべくRGM-79C ジム改の生産が継続されていた。しかし、公国系技術の吸収が一定の成果を上げ、AE(アナハイム・エレクトロニクス)社の参入などもあって、RMS-117 ガルバルディβやRMS-106 ハイザックの採用など、連邦軍全体の兵器調達体系が刷新された事もあって、"量産機"の調達はボーダレス化していった。ただし、U.C.0080年代半ば以降は、各種パーツの活用や機能向上などを包括的に可能とする技術やノウハウの確立もあって、"ジムの後継機"開発が再び推進されることとなった。かくしてRGM-79R ジムⅡは、ジムをベースとした改装機として制式採用が決定した。図らずもジムⅡは、時期的に"ジム"の耐用年数や配置転換などが重なったこともあって瞬く間に生産数を増やし、ついには、すべてのパーツを新造するRGM-179 ジムⅡの生産が決定した。これには、公国系の機体の制式採用に対するある種の”揺り戻し”もあったようだが、実際には連邦軍内部での派閥間闘争の激化も影響していた。つまり、調達容易な機種に対するニーズが急速に高まっていたのである。「RGM-179」は、厳密には、主に連邦軍の正規部隊やティターンズによって運用されたグリプス工廠製の新造機を指すが、調達や部隊編成の都合などから、「RGM-79R」と同様に"ジム系"から改装された機体も皆無ではないらしい。「ジムⅡ」は、連邦軍の主力機として"ジム"に次ぐ規模で生産され、グリプス戦役以降、U.C.0090年代後半まで稼働していた機体も確認されている。

SPEC:
形式番号:RGM-179
全高:18.1m
本体重量:40.5t
全備重量:58.7t
ジェネレーター出力:1,518kw
スラスター総推力:62,000kg 装甲材質:チタン合金セラミック複合材
武装:60mmバルカン砲、ビームライフル、ビーム・サーベル、シールド
(組立説明書 機体解説より抜粋)


これまた機動戦士Zガンダムで登場した量産型MSがカラーリングを変えて製品化された。すでに型遅れなので基地防衛等の限られた用途でのみ使用されている設定となっている。劇中での活躍がどうというよりは、世界観を広げるために貢献をしている機体と言えるだろう。
僕個人としてはプレステ2の「エゥーゴVSティターンズ」で最初の乗機としての思い出がある。 キット付属の武器構成としてはオーソドックスにビームライフル、ビームサーベル、シールドの3点セット。

この機体はある程度汚し処理をした方が見栄えが良いだろう。


Last updated: 22 July. 2018