HGUC アイザック/ガザC/ギラ・ドーガ(ユニコーンVer.)セット レビュー アイザック編


アイザックについて

RMS-119アイザックは、グリプス戦役初期の地球連邦軍の主力MS(モビルスーツ)であったRMS-106ハイザックを偵察用に改造して電子戦に特化させた機体である。M(ミノフスキー)粒子の電波阻害効果は絶大であり、いわゆる長距離レーダーやミサイルの遠隔誘導は無効化された。U.C.(宇宙世紀)0079年勃発した一年戦争以降、直接目視による戦闘が主要戦術となったものの、艦艇やMSには依然として赤外線/レーザーセンサーなどとともにレーダーは不可欠のものとして装備されている。なぜなら、M粒子は急速に拡散する特性があり、戦闘時には濃度を維持するため頻繁に散布を繰り返す必要があるからである。そのため、戦時下であっても領域によって濃度にはムラがあり、逆に言えば、平時の航行や移動に関してレーダーなどのセンサーは依然として運用すべき装備なのである。さらに、M粒子の分布する領域を検証することそのものが有効な索敵手段として機能するケースもある。実際、一年戦争当時のジオン公国軍は、ザクを改造した強行偵察機を数種開発し、それらにはM粒子による電磁波の電波阻害を算出するデバイスが搭載されていた。U.C.0083年頃には地球連邦軍に於いても通常の索敵手順として採用されていた。電子戦が無効化されたとはいえ、それに適応した索敵、偵察行動の有効性は疑い用のないものだったのである。本機の最大の特徴である頭部と一体化したレドームは、大型のパッシブ・レーダー・システムであり、敵機が発するレーダー波などを超長距離から正確に探知する。また、ドーム下面には後方/対地監視用のモノアイを装備しており、高高度からの光学撮影も可能である。レーザーや赤外線を用いたスキャニングシステムも専用のスペックのものを装備しており、M粒子散布下であっても通常のMSの倍以上の距離を高い分解能で観測することができる。収集したデータはバックパックに装備した指向性のディスクアンテナによって送信するが、直接通信が不可能な場合には、強固な物理防護を施されたデータ・ポッドに記録して放出する。ポッドは味方に回収されるまで特殊な周波数で識別コードを発振し続け、記録されたデータも解除コードを入力しない限りデコードできず、手順を誤ればデータは破壊され、敵の手に渡るのを防いでいる。基本的には偵察専用のMSであり、重量バランスなど戦闘には不向きな機体だが、ハイザックが運用する火器は全て使うことができる。腕部を改造した探査ユニットや自律AI搭載ポッド、頭部形状の異なるバリエーション機なども計画されていたようだ。開発したのは地球連邦軍だが、U.C.0088年8月29日のネオ・ジオンによるダカール侵攻の際に、他の機体とともに反連邦組織の手に渡った。

SPEC:
形式番号:RMS-119
全高:19.2m
本体重量:41.6t
ジェネレーター出力:1,430kw
センサー有効半径:26000m 装甲材質:チタン合金セラミック複合材
武装:ザク・マシンガン改
(組立説明書 機体解説より抜粋)


アイザックの初出は機動戦士ガンダムZZ。独特で、偵察用だとわかりやすいフォルムが印象的な機体だ。まさか、ガンダムU.C.で再び見ることになるとは思わなかった。とは言え、出方はなんとも中途半端ではあったが。
アイザックという名称は元々のベース機であるハイザックから韻を踏んでのことらしい。スペルはEWAC(イーワック)ZACKなのでいわば通称というやつだ。

キットとしての視点から見てみよう。ハイザックのパーツを流用しており、中にはハイザックのランナーにアイザック用の新規パーツを継ぎ足して一枚のランナーにしているものもある。パーツの精度の違いが顕著であり、ハイザック部分はモールドも甘く古さを感じる。調べたところハイザックのHGUCキットは2000年に発売されたものらしい。これを流用しているとすれば、技術進歩の点から見ても精度に差が出てくるのは致し方ないだろう。
頭部と一体化された巨大なレドームが最大の特徴である本機だが、やはりバランスが悪く自立をするにもかなりギリギリだ。そして、ボディはほぼHGUCハイザックから流用されているものだけに、可動範囲はイマイチ。付属のザク・マシンガンを構えるのもあまりうまくいかない。大改造をしないのであれば、ここは割り切るしかなさそうだ。ただ、ポージングがほとんどできないという観点から見ると最近のガンプラと比較して遊びにくいキットだと思った。プレバン限定で、定価で発売するのならばもう少しちゃんと仕事をして欲しかったというのが正直な感想だ。


Last updated: 12 Nov. 2017